仮想通貨FXとは

▼ 目次

仮想通貨FXとは?

仮想通貨FXとは、仮想通貨と日本円を証拠金を使って取引できるサービスのことです。
証拠金にレバレッジを掛けることができるので、1のパワーで10の資金を動かせる魅力があります。
これまでもFXは、為替取引の分野で人気があったサービスですが、仮想通貨のアクティブな値動きは、今後人気を集めるサービスとして注目されるでしょう。

さて、そんな仮想通貨FXなのですが、証拠金やレバレッジとは一体どういった仕組みなのでしょうか?
仮想通貨FXや証拠金取引が初めての人向けに、解説していきたいと思います。
まずレバレッジについての解説なのですが、これを理解するには、テコの原理を理解する必要があります。
てこの原理とは、少しの力で大きな物を持ち上げることを意味していて、仕事の効率化に関する書籍などでもよく「レバレッジ」という言葉が用いられています。

レバレッジとは?

仮想通貨FXでは、証拠金に対してレバレッジが掛かります。
例えば、1BTCを購入するのに必要な資金が150万円だとすると、本来なら150万円の現金が口座になければそれを購入することはできません。
これを現物取引というのですが、レバレッジ取引だと、1BTCを購入するのに、わずかな資金で一時的にお金を借りて購入することができるようになるわけです。
これを証拠金取引といいます。

例えばレバレッジ10倍で取引をする場合、1BTC=150万円のものが15万円で取引できるようになります。
そうすると、レートが変動することで得られるリターンも比例して大きなものになるので、短時間と少ない資金で大きな利益を得られることができるわけです。

ただし、仮想通貨FXの場合は、お金を借りて購入した仮想通貨を口座から引き出すことはできません
この仮想通貨を購入した資金は、あくまで口座内で売買するために口座上のみで借りたものです。(※厳密にいえばお金を借りるわけではないのですが……。)
ですが、売買が完結して利益を得た分に関しては現金で口座から出金できるようになります。

なお口座には、証拠金余力となる資金を入れておく必要があります。
余力分が少ないと満足な取引ができません。
トレードの結果、証拠金を割り込むほど含み損を抱えてしまうと、強制ロスカットが発動して、ポジションが決済されてしまいます。
この余力をたくさん持って取引することが勝つためのコツともいえます。

ちなみに仮想通貨FXは、買いでも売りでもポジションを建てられますので、相場が下落しても上昇しても利益を得られるチャンスがあります。
買いポジションを建てた時は、購入時の価格より相場が上がれば利益になり、売りポジションを建てた場合は購入時の価格より相場が下がれば利益になります。

※空売りについてはこちらの記事が参考になります。ビットコインの【空売りとは?】

トレードのテクニックを紹介

さて、ここまでは仮想通貨FXの仕組みについて解説しました。
ここからは、少しトレードのテクニックを紹介したいと思います。
初心者のユーザーが取引を始めると、どの程度まで利益を伸ばして、損失はどこで切るのかが全く分からないかと思われます。
仮想通貨FXのトレードは、損小利大を目指すのがセオリーです。
基本的には、利益はできる限り我慢をして、損失は「ダメだ」と思えばすぐに切ることが大事でしょう。
これを踏まえた上で、取引を行います。
あとは、上げ下げどっちの方向の流れが強いのかを、チャートの見た目と市場に流れる材料(情報)で判断します。
基本的には、動いた方向へと順張りでついていく方が勝率が安定しやすいです。

取引に必要な資金については、できる限り多い方が余力を持ってトレードができます。
ただし、投入する資金は余裕資金であることが絶対条件です。
余裕資金というのは、そのお金をなくしても生活が困らないお金という意味です。
これを守らないと恐らくは利益を残すことができません。
なぜならば、生活に必要なお金を投入すると、相場が逆行した時にまともな判断ができなくなるからです。

むしろ投入したお金は捨ててもいい気持ちで勝負に臨める人が、意外に上手かったりもします。
これはトレードにおけるメンタル管理の一種で、例えば10万円を仮想通貨FXに投入した場合、その10万円をリスク分と考えて、失くしていいものとしてトレードをすることで、ある程度は相場が逆行しても精神的に耐えられるようになります。
そして、大体の相場は行ったり来たりの繰り返しですから、細かく損切りを繰り返すより、ある程度の逆行幅を見越して利益が乗るのを待った方が結果的に勝てることの方が多いです。
こういうトレードは、生活に必要な資金では到底できません。
ですから、何を置いてもまずは余裕資金でやるということ。
仮想通貨FXにおける勝つためのコツはまさにそれです。

あとは、毎日の取引記録をきちんとつけることも大事です。
記録は後に過去の取引データ資料になりますので、トレードの傾向を分析するのに役立ちます。
トライ&エラーの繰り返しです。
こういう考え方は、仮想通貨FXも法定通貨FXも違いはありません。
地道に検証を繰り返して、仮想通貨FXで勝てるようになりましょう。