仮想通貨FXで稼ぐポイント

仮想通貨FXには、重要な稼ぐポイント(コツ)というものがあります。
今回は、そのコツについて詳しく解説していきますので参考にしてみてください。

まず、仮想通貨FXの値幅は順張りトレード向けの値幅です。
今は天井を付けた後の動きですので変動幅がかなり大きく、トレンドの進行方向に向けての売買が主流となります。
この順張りの特徴としては、押し目や戻りを狙ってエントリーすることで、比較的高めの勝率を獲得することができるところです。

続きを読む

仮想通貨FXの注意点

最近話題の仮想通貨FXは、短時間で少ない資金を使って大きなリターンを得られる投資商品です。
ただ、その分リスクも大きく、通常のFXと同じようにリスク管理ができないといけません。
今回は、そんな仮想通貨FXの注意点を説明してみたいと思います。

続きを読む

仮想通貨FXとFXの税制の違いは?

今回は、仮想通貨FXと法定通貨FXの税制の違いについて、詳しく説明します。
まず、最初に仮想通貨FXと法定通貨FXの所得区分についての説明です。
二つの所得区分は、雑所得という所得区分に該当します。
雑所得というのは、税制上の他の所得区分に当てはまらない所得のことです。
仮想通貨FXやFXで利益を上げたトレーダーは、この雑所得を計算して、毎年期日までに確定申告をする必要があります。

続きを読む

仮想通貨FXとFXの値動きアプリの違い

ここでは仮想通貨FXとFXの、値動きアプリの違いについて解説していきます。
そもそも値動きアプリとは一体なんなのでしょうか?
みなさんはローソク足チャートやプライスパネル、テクニカル指標などはご存知でしょうか?
これらは、仮想通貨FXやFXの業者が提供するアプリケーションのことです。

続きを読む

仮想通貨FXとFXの取引単位の違いとは?

今回は、仮想通貨FXとFXの取引単位を比較してみました。
取引単位とは、FXを実施に取引する際に最低限必要となる売買単位の事です。
1000通貨から取引ができるFXと比べて、仮想通貨FXは、0.01BTCといった小数点以下の単位から始まり、1BTCなど証拠金に応じた取引単位で売買することができます。

続きを読む

仮想通貨FXとFXの値動きの違い

今回は仮想通貨FXと為替FXの、値動きの違いについて解説したいと思います。
相場の値動きは、市場参加者の売買によって活発になり変動をします。
値動きが激しい相場ほど儲けやすいのですが、動きが荒くなるほど買いか売りかの判断力が難しくなるものです。
特に仮想通貨FXの値動きは、荒く大きい傾向があります。
為替FXの通貨ペアの中に、ポンド円という銘柄があるのですが、それよりもボラティリティは大きいかもしれません。
では、なぜ仮想通貨はそこまで大きい動きを見せるのでしょうか?

続きを読む

仮想通貨FXとFXのレバレッジの違い

仮想通貨FXやFXの特徴は、自己資金が少なくても、レバレッジを利用して大きな取引ができるということです。
今回は、仮想通貨FXのレバレッジ取引について詳しく解説していきます。
まずは、法定通貨のFXと仮想通貨のFXのレバレッジの違いからお話していきます。
法定通貨のFXのレバレッジも仮想通貨FXのレバレッジも金融庁の規制対象となっていますので、最大で25倍までとなっています。

続きを読む

仮想通貨FXとFXの違いとは?

仮想通貨FXとFXの違いは、取引できる銘柄の種類が違います。
仮想通貨FXの場合だと、ビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップルなどがあり、これらを日本円で取引することができます。
一方、FX(法定通貨の外国為替証拠金取引)の場合だと、ドルやユーロ、スイスフラン、ポンド、オーストラリアドルといった各国の通貨を組み合わせた「通貨ペア」を取引することができます。
取り扱い銘柄は、ビットコイン円やイーサリアム円、FXだとドル円やユーロ円という感じで表記されるのが普通です。

続きを読む

仮想通貨現物売買とは?

今回は、仮想通貨の現物売買について説明していきます。
仮想通貨の現物売買とは、預けた現金分と等価交換で仮想通貨をやり取りすることを言います。
例えばその時のビットコインが1ビットコインあたり、100万円というレートであれば、1ビットコインを買うのに現金100万円が必要となります。
もし仮想通貨のレートが90万円に下がると、預けた現金も90万円になってしまいます。

続きを読む