仮想通貨現物売買とは?

今回は、仮想通貨の現物売買について説明していきます。
仮想通貨の現物売買とは、預けた現金分と等価交換で仮想通貨をやり取りすることを言います。
例えばその時のビットコインが1ビットコインあたり、100万円というレートであれば、1ビットコインを買うのに現金100万円が必要となります。
もし仮想通貨のレートが90万円に下がると、預けた現金も90万円になってしまいます。

このような現物売買とは違い、信用取引でビットコインをやり取りすることも可能です。
仮想通貨の信用取引とは、いわゆる証拠金取引のことです。
仮想通貨FXとはまた少し商品が違うのですが、レバレッジをかけるという意味ではほとんど同じものだと理解しても大丈夫です。

初心者の場合は、信用取引はひとまずおいておき、現物取引のみでやり取りをした方が安全です。
とにかく仮想通貨は値動きが速いですので、ある程度現金を預けられる人でであれば、信用取引をしなくても十分儲けることができるでしょう。
慣れてきたら、信用取引を始めるのをおすすめします。
信用取引のメリットは、少額のお金で大きなリターンを得られるということです。
仮想通貨FXを例に挙げて説明してみます。

例えば仮想通貨FX口座に10万円を預けたとします。
これに対して、レバレッジ5倍の取引をする場合、最大で50万円分のポジションを建てられるということです。
これは、本来なら現金50万円を預けないと建てられないポジションを、わずか10万円で立てられると言うことを意味しています。

仮想通貨FXは少額の資金で始められるため、初心者も大勢います。
これはどういうことかというと、プロより初心者が多い市場は、比較的勝ちやすいことを意味しています。
当然絶対勝てるという保証はありませんが、 センスがある人は数ヶ月で利益を上げるコツを掴むことができます。
後、法定通貨FXのように仮想通貨FXにもスワップポイントというものがあるので、スワップポイントが派生する側(売りか買いのどちらかで発生する)のポジションを保有するだけで、儲けることも可能です。
スワップポイントは、少額投資だと微々たる利益ですが、たくさんのお金を預けると、その分得られるスワップポイントも高額になってきます。

色々なチャンスが埋まっている仮想通貨FX。
値動きの激しい仮想通貨は、少額資本のトレーダーにも儲けられる機会を与えてくれています。
やろうと考えている人は、まず、デモ口座での取引練習や取引自体の勉強から始めてみましょう。