仮想通貨FXのセキュリティ対策について

仮想通貨FXを始めたはいいけれど、ある日突然口座から資産が消えた……。
こんなことがあるとぞっとしますよね?
そうならないよう取引所を選ぶ上で大事なのが、セキュリティ対策です。
仮想通貨FXにおける取引所のセキュリティは、どのような対策を講じているのでしょう?

まず、顧客の資産については分別管理をしています。
分別保管というのは、会社の口座とは分けて顧客資産として保管しているということです。
これは少しセキュリティとは話が逸れてしまいましたが、取引所を選ぶ上で大事なことなので説明しました。
口座に預け入れた資産が、何者かによってハッキングされて盗まれないための対策とはまた別問題でした。
では、どういう対策が取引所で講じられているのかと言うと、顧客の資産をオンラインから切り離して保管する方法を用いています。
資産をオンラインに繋ぐことによってハッキングされやすくなるので、それをオフラインにして必要な時だけ認証によりオンラインを経由できるようにしているのが、今のセキュリティ対策のやり方です。

ただ、対策を徹底していてもハッキングを100%防げるわけではないため、万が一何者かに取引所経由で盗まれた場合は補償する制度を導入している業者もあります。
こういう補償制度が充実してくれば、トレーダーも安心して取引を行うことができるので、今後ますます仮想通貨が活況になってくるかもしれません。

ただ、こういうセキュリティ対策は企業側だけががんばってもダメです。
口座を保有している仮想通貨トレーダー側でもパスワードを複雑化したり定期的に変えたりなどして、口座資産を守る努力をしないといけません。
自分の資産を一つの口座に集中させないようにして、万が一何かがあっても壊滅的なダメージを食らわないように自己防衛するのです。

また、自分が使っているパソコンにも、セキュリティ対策をしておかないといけません。
仮想通貨FXの場合は、仮想通貨をこちらが保管するわけではないのですが、ウイルスによって口座のアカウントやパスワードが盗まれないようにしないといけません。
あと、個人用のウォレットを使って仮想通貨を保管している人は、そのウォレットの脆弱性にも気をつける必要があります。
ウォレットにもピンからキリまであるため、利用ユーザーができるだけ一番多い、メジャーなものを選んで使うようにした方がいいです。

また、仮想通貨データのバックアップも取っておく必要があります。
仮想通貨は所詮データでしかありませんので、保管しているパソコンが故障してしまうと消失してしまいます。
しかし、バックアップをとっておけばデータの復元ができるため、もし仮想通貨をこの先購入して手元に置く機会があれば、必ず万が一の時の対策を行っておきましょう。